2009年04月22日

漢方を飲んで妊娠しやすい体を作る

不妊の治療は

西洋医学(病院などに通う)で行なうものの他に、東洋医学の

漢方薬を使って行なうものがあります。



漢方薬には

病院で処方してもらう薬のような効き目はないのですが、

継続して漢方薬を飲み続けることで不妊症の体質改善

をしていきます。



漢方薬治療では、

不妊は妊娠するための身体やホルモンのバランスが崩れている

状態と考えられているので、全身状態を整え妊娠しやすい体を

作ることを目指します。



女性不妊の治療で

よく使われている漢方薬に当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

温経湯(うんけいとう)や弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょう

けついんだいいちかげん)などがあり、

生理不順や月経異常などに効果があると言われています。

また、全身の血行を良くし、ホルモンバランスを整える働きの

ある涌出(ゆうしゅつ)もよく使われています。



漢方で行う

不妊治療では体質改善の他に、

月経期、卵胞期、(低体温期)〜排卵期、黄体期(高温期)

によって女性の体の状態が変化することに着目した「周期療法」

というものもあります。身体のサイクルに合わせて漢方薬を

選択するものです。
posted by 不妊治療アドバイザー at 17:34 | TrackBack(0) | 女性の不妊に効く漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

漢方薬で不妊を改善する

不妊の治療は

西洋医学(病院などに通う)で行なうものの他に、東洋医学の

漢方薬を使って行なうものがあります。



漢方薬には

病院で処方してもらう薬のような効き目はないのですが、

継続して漢方薬を飲み続けることで不妊症の体質改善

をしていきます。



漢方薬治療では、

不妊は妊娠するための身体やホルモンのバランスが崩れている

状態と考えられているので、全身状態を整え妊娠しやすい体を

作ることを目指します。



女性不妊の治療で

よく使われている漢方薬に当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

温経湯(うんけいとう)や弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょう

けついんだいいちかげん)などがあり、

生理不順や月経異常などに効果があると言われています。

また、全身の血行を良くし、ホルモンバランスを整える働きの

ある涌出(ゆうしゅつ)もよく使われています。



漢方で行う

不妊治療では体質改善の他に、

月経期、卵胞期、(低体温期)〜排卵期、黄体期(高温期)

によって女性の体の状態が変化することに着目した「周期療法」

というものもあります。身体のサイクルに合わせて漢方薬を

選択するものです。
posted by 不妊治療アドバイザー at 17:23 | TrackBack(0) | 女性の不妊に効く漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。