2009年05月13日

芸能人不妊治療 ■近藤真彦さんのケース 

近藤真彦さんは

不妊治療をされていたことを、夕刊フジに

告白しました。



歌手、俳優、レーシングチーム監督と幅広く活躍し、昨年は

待望の長男が誕生した近藤真彦(43)。原点に返っての歌手活動

から今まで語らなかった不妊、流産に悩む妻を支えた日々まで、

夕刊フジに告白した。



ジャニーズ事務所の後輩グループ「QUESTION?」と

ユニットを組み新曲「目覚めろ! 野性」を23日に発売した

ばかりのマッチ。



「20歳以上も違う子と写真やテレビ、ひとつの画面で勝負

しなくてはならないのは大変。でも、ぼくは年の差を感じて

いない。いい年なのに元気あるよねって見た人たちが思って

くれれば。もちろんメンタル的、肉体的にはつらいですよ」



会社で言えば、まさに中間管理職の立場。つらいからこそ

歩み寄るのだという。



「ストレートに話すようにしてますね。見ている人に何も伝え

られない“ヘタクソバンド”といわれないようにしろとかね」



昨年10月には結婚14年目にして妻、敦子さん(41)との

間に待望の、長男・轟丞(ごうすけ)くんが誕生した。



今まで妻の心の負担にならないように語ってこなかったが、

実は敦子夫人は流産を経験。長い間、夫婦で不妊治療を続けてきた。



「ぼくは『45歳まで、子どもができなかったらやめよう』って

言ってたの。『2人でいいじゃない。だから、それまではどんな

に辛くても努力しよう』って。『子供のいない人生を送るのも

アリなんじゃない』と言ってみたり。そうしたら、吹っ切れちゃ

ったんだ」



そんな中で、ようやく授かった一粒種。妻の妊娠中も近藤

レーシングチームの監督として、海外遠征で家を空ける日が続い

た。昨年6月にはマレーシア・セパンのスーパーGT第4戦で

初優勝を果たし、美酒に酔うのもそこそこに、ホテルから妻に

電話を入れた。轟丞くんは、予定日より2カ月早く生まれた。

仕事を終えて病院にかけつけ「腰が抜けそうになった」

というほど喜びを噛みしめた。



轟丞くんは現在、3カ月のかわいい盛り。



「奥さんが買い物や郵便局へ行って、轟丞と2人になるときに、

恥ずかしくてあまり言えないけれど『生まれてきてくれてありが

とう』って話します。とにかく、人が喜ぶ、人のために一生懸命

働く人になってほしいって奥さんと話しています」



守るべきものがさらにできて、パパとしての気合も十分。

2月に武道館コンサートを開いた後は、レースに復帰。またまた

突っ走る。



http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_01/g2008012416_all.htmlより





長い間

ご夫婦で不妊治療を続けてこられた近藤真彦

さんご夫婦に深い絆を感じます。



ただでさえ

精神的が重いとされる不妊治療

病院に通院する時にも目立ってしまう芸能人の不妊治療は、

とても大変だったと思います。



芸能人の不妊治療

を克服できて、

かわいい轟丞ちゃんが抱っこできて本当によかったですね。




posted by 不妊治療アドバイザー at 12:46 | TrackBack(0) | 芸能人 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

芸能人不妊治療 ■ジャガー横田さん 

現在45〜50万人程度の

患者さんがいると言われている不妊治療ですが、

芸能人にも不妊治療をしている人はたくさんいます。



ジャガー横田さんも

芸能人の不妊治療をされたおひとりです。

ジャガー横田さんは、平成16年7月、元リングドクターで

外科医の木下博勝さん(38)と結婚。

「究極の勝ち組結婚」として世間を賑わせました。



結婚直後

直径10センチの子宮筋腫が見つかり、

「子宮筋腫で普通妊娠率はほぼ0%、筋腫を切除しても5〜6%」

と診断されたそうです。



見つかった

子宮筋腫の場所が悪かったので、

筋腫のみを取るか、子宮を全摘するか、選択を迫られたそうです。

ジャガーさんは筋腫のみを取ることを選択。

17年には子宮筋腫摘出手術を受けました。



子供を熱望された

ご夫婦はその後体外受精を受けますが失敗。

しかし その後、妊娠が判明しました。奇跡的な自然妊娠です。



ジャガーさんは

2006年11月29日、ハワイの病院で男児を無事に出産しました。

出産会見では、不妊に悩む女性に「希望を捨てずに頑張って

ほしい」と芸能人の不妊治療を克服して

エールを送りました。



この一連の

出来事は、朝日新聞2006年12月26日朝刊の連載

「患者を生きる」の妊娠・出産編にて特集

「不屈のジャガー」(全6回)で連載されました。



先日、

ジャガーさんのご主人、木下先生が

「男性の採精も苦痛ですが、女性の大変さは全然その比

じゃない!」とテレビでコメントしていました。



お子さんは

「木下jaguar大維志」ちゃんと命名され、すくすく育っています。

芸能人の不妊治療を乗り越えたジャガー横田さんは

すでにプロレス復帰しています。

posted by 不妊治療アドバイザー at 18:28 | TrackBack(0) | 芸能人 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。